人間らしく生きたい

 

我々は生産性で評価される機械ではない。
生き物であることを感じて、生命力を滾らせたい、
「自分らしさ」を知るためのベースとして
まずは身体で「人間らしさ」と出会いたい。

私たち環境神経学研究所は
「人間らしさ」を
臨床とアカデミアの融合=コンテンポラリーサイエンス
という方法で探究します 。

 

新しいサイエンスの形 “コンテンポラリーサイエンス”

 “The Contemporary is the Untimely” by Roland Barthes
 (GUCCI:アレッサンドロ・ミケーレ)

いまこの瞬間に起こっていることを捉えて、
本当に必要なことは何かを探求し、社会実装する

What we do

私たちは、大学などの研究機関、企業や自治体、心身問題の臨床に関わる専門家など、さまざまなパートナーとともに有機的なチームを組み、プロジェクトベースで活動します。

Education

  • 「自己変容のための神経生理学」(上智大学)
  • 「身体性思考」(長野県立大学院)
  • 企業セルフマネジメント研修(凸版印刷、味の素など

Science

  • 現代人の自律神経系の研究
  • 身体の動きの計測(凸版印刷)

Nature experience

  • ヘルスツーリズム(群馬県みなかみ町)
  • ワーケーション(岐阜県郡上市)
  • ワーケーション(北海道厚真町)

Product Design

  • アパレル(フェリシモ)
  • オフィス家具(Okamura)

Social Design

  • パラスポーツ研究

 (競技用義足、車いすバスケ、視覚障害競泳、ブラインドサッカー)

  • お笑い

Nature experience

  • 座禅の意義(曹洞宗研修会、藤田一照さん)
  • 武術、忍術、香道、茶道、華道
  • 神道文化(服部天神宮)