Neural Intelligence Company

 

環境神経学研究所(通称:NIC)は、神経系を通じて心と身体、人と人、世の中のあらゆる事象をつなぎ、有機的なシステムとして機能させることで、人と社会のVitality(生命力)を高めるラボカンパニーです。 

デジタルにより情報が溢れ、知識偏重になりがちな現代社会は、わたしたちの心身に多大なストレスを与えています。さらに、防衛反応として身体が無感覚になることで、人間が本来持つ生命力は枯渇しています。 

一人ひとりが身体性を取り戻し、神経系の自己調整力を味方につけることこそが、人々が抱える心身の問題や、企業が抱える経営課題を解決する手がかりになると私たちは考えます。 

NICは「神経生理学」に基づいた実践的な心身開発プロジェクトを、さまざまな領域のパートナーと創造することで、ビジネスとクリエイティビティを後押しする、教育や研修、モノ・空 間・サービスづくりを展開。関わりの中から生まれる活力「Inter-Vital」を追求し、未来に実装していきます。 

心と体がつながって、自分と世界がつながって、なめらかな共創が自然に生み出されていく。神経系の可能性を解放して、そんな未来を編集したい。 

今を生きるすべての人たちが生命の輝きをとり戻し、一人一人 がつながって、世界がよりイキイキと楽しいものになるように。 

What we do

NICは、大学などの研究機関、企業や自治体、心身問題の臨床に関わる専門家など、さまざまなパートナーとともに有機的なチームを組み、プロジェクトベースで活動します。

RESEARCH

神経系、特に自律神経が人と社会を有機的につなぐ仕組みを解明するために「環境神経学」という新しい学問領域を提案。研究者や臨床の実践家とチームを組んで、科学実験を中心に研究活動を行います。

DESIGN

企業や自治体、専門家と独自の知見や資源を持ち寄り、オープンイノベーションでチームを組みながら、サービスや商品を企画・プロデュースします。

EDUCATION

神経生理学を理論的ベースに、ボディワークで実体験を伴うという「身体性回復プログラム」を、教育機関、企業、自治体などを対象に、講義、研修、WSとして実施します。その過程を通じて、頭主導のトップダウン型の現在の教育システムに変革の提案を行います。

Works

Health Tourizm

みなかみヘルスツーリズム&ワーケーション



Learning Experience Design

「初心の技術」塾

上智大学「自己変容のための神経生理学」


About Us

藤本 靖

環境神経学研究所株式会社 代表取締役
ボディワーカー / 身体論者
上智大学・筑波大学大学院非常勤講師(ボディワーク・神経生理学)

東京大学 経済学部卒業
東京モード学園 ファッションスタイリスト学科卒業
東京大学大学院 身体教育学研究科修了 
大学では途上国の開発について学び、卒業後は政府系国際金融機関にて東南アジア、アフリカにおける政府開発援助(ODA)の業務に関わる。その日々の中で、人間の「心と身体の関係」という個人のテーマに出会い、再び大学に戻り、ヒトの脳のシステムについて研究。 
「大脳皮質運動野磁気刺激による心臓自律神経系の応答」という研究テーマをアメリカ生理学会など様々な国際的な学会で発表する。一方、クラシックバレエ、武術など様々な身体技法やお笑いの世界を経験。 
身体に関する理論と実践の成果を現場で活かすために、ボディワークの国際的な認定資格である「ロルフィング®」、身体心理療法「ソマティック・エクスペリエンス®」などの資格を習得。プロスポーツ選手、ダンサーや音楽家など身体を専門とするクライアントを中心に個人セッションを行う。
「神経系の自己調整力」に基づく「快適で自由な心と身体になるためのメソッド」を開発。簡単で、効果が高い疲労回復のためのワークが注目され、Google米国本社の研修プログラムでとりあげられる。教育機関・医療機関・民間企業などで講演、ワークショップなどを行う。
心身の健康の専門家としてTV・雑誌など出演多数。 著書に、ベストセラー「『疲れない身体』をいっきに手に入れる本」(講談社)、新著「人間関係が楽になる神経の仕組み 脳幹リセットワーク」(講談社)など。
現在は、自律神経系測定の機器開発に注力し、 ヘルスツーリズム、ワーケーションなどビジネ スマンのセルフマネジメントに関する新時代のプログラム構築にとり組む。


桜井 肖典

環境神経学研究所株式会社 取締役
構想家 / 事業家
2000年よりデザイン・コンサルティング会社を経営、様々な領域でコンセプトメイキングから空間、商品、サービスまでをトータルにデザインする。2012年よりパタゴニア日本支社、LUSH、IKEUCHI ORGANIC等社会性と事業性を高い次元で両立する企業や京都市、大学等の協力のもとにサステナビリティとイノベーションをテーマに事業創造プログラムRELEASE;を企画開発、共創によるビジネスデザイン手法を軸に、現在まで6000名を超える参加者へ講演やワークショップを重ねる。また、京都を拠点に水俣や長野など日本各地で、大企業や自治体からスタートアップや非営利団体まで、ひと・もの・ことの営みを「藝術と社会変革と経済のあいだ」でプロデュースする構想家として、年間100社程の領域横断的なプランニングとディレクションを実践する。
一般社団法人リリース共同代表/京都市ソーシャルイノ ベーション研究所コミュニティ・オーガナイザー/京都経済センターオープンイノベーションカフェ『KOIN』ディレクター/長野県立大学ソーシャル・イノベーション創出センターアドバイザリー・メンバー。共著に『青虫は一度溶けて蝶になる』(春秋社)がある。

Company Information

会社名

環境神経学研究所株式会社

Neural Intelligence Company

設立

2019年7月5日

代表

藤本 靖

資本金

3,000,000円

事業内容

神経系の自己調整力を引き出すための、教育、研究、商品開発